フーレセラピー注意事項

◆ フーレセラピーは医療行為ではありません ◆

次の方はフーレセラピーを受けることが出来ません
フーレセラピー禁忌症
◆急性炎症疾患
リュウマチ(リュウマチ熱)、急性関節炎、急性脳脊髄疾患(脳溢血など)骨折、脱臼、創傷の初期
◆安静を要する内科重症患
結核、梅毒、淋病、癌、白血病、潰瘍、心臓疾患、喀血や吐血の直後など
◆血管に病変のある場合
動脈瘤、静脈血栓、動脈硬化症など
◆腹部の炎症
急性虫垂炎、腹膜炎、胃潰瘍、腸炎など


次のの症状のある方や、不明の場合は必ず医師にご相談の上ご予約ください
フーレセラピーを禁忌すべき部位
炎症のはなはだしい部位(発赤、疼痛、腫脹)
化膿や伝染のおそれのある部位
皮膚に損傷のある部位
出血しやすい部位
悪性の腫瘍がある部位


フーレセラピーを禁忌すべき場合
疲労、衰弱がはなはだしい場合
心臓や肺などの思い疾患で、脈が弱く早い場合(1分間に100以上)
熱がある場合
絶対安静を要する患者の場合
皮膚に炎症や広範囲の疾患がある場合
妊婦
飲酒時

 

Copyright © 2006-2014 Camyu All Rights Reserved.
No reproduction or republication without written permission.